一度は受けてみたい!脳ドックMRIの検査!

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

脳梗塞は再発しやすい病気であるため、
予防が必要になってくるのが基本です。

この予防は一度発症した方に対しては当然必要な
ことですが、まだ一度も脳卒中を
発症したことのない方にも言えることなのです。

当然、前兆のあるなしなど関係なく今、
健康な状態の時に行くべきなのです。

平均時間が2時間程度、平均の料金が4万円程度の
脳ドックをうっとおしいと思うことはないのです。

脳検査(数十分のMRIの画像検査)を受けることにより
虚血性の脳梗塞や脳内出血のリスクを脳血管障害の
有無などで評価するのが基本なのです。

一度は行きたい!開放感たっぷりのオープンMRI

pl-2014291655789

閉所恐怖症の方はトラウマがあるのではありませんか?

狭い所にはいりパニック症になった
経験を持つ方も多いはずです。

MRIを避けていると脳卒中だけでなく脳腫瘍や認知症の
原因となる脳萎縮なども検査できないのです。

MRIは見ての通り狭い所に入りますが、
このトンネル型のMRIではなくオープン型の
MRIというものが存在します。

もしかしたら血栓が入り込み脳梗塞を起こしたり、
未破裂脳動脈瘤がありくも膜下出血や脳出血を
起こす手前なのかもしれないのですよ。

オープンMRIで快適に脳ドックを受けましょう。

脳溢血、脳梗塞、くも膜下出血はMRIが頼り!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s
コントラストでCTとMRIの違いがあり、
MRIが優れているためにMRIが
用いられることが多いのです。

MRIは値段が高いですが、発症して
入院したり後遺症の治療にかかる
金額に比べればはるかに安いはずなのです。

高いと思われれば安い費用の
脳ドックを見つければよいのです。

2万円くらいの値段の脳ドックも存在します。

あなたも一度は脳ドックを受けて
未来に向けて安心を得てみてください。

割合も多く後遺症にも悩まされる脳梗塞

64848fba98ea48f4ea562736fd34812f_s

脳卒中の中では脳梗塞の割合は多いのです。

70%を占めているとも言われています。

心疾患で死亡する人数も多いのですが、
その中でも心筋梗塞は多いと聞きます。

脳梗塞でも心筋梗塞でも虚血が原因で起こりますが、
この虚血に関しては動脈硬化が原因だと言われています。

めまい等の症状が脳梗塞で現れると言います。

しかし、症状や前兆が出てから脳ドックではなくて
日頃の調子が良い時から脳ドックへ行くべきなのです。

実際に症状が出てから病院に行くつもりなら、その後の
後遺症に悩まされる可能性は高いのです。

コメントを残す