もはや誰しもが起こりうる脳卒中!

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

もはや誰しもが起こりうる脳卒中!

わずか数分の予約と2時間程度の検査で、
脳の健康状態を把握しようとは思いませんか?

脳卒中とは、脳に存在する血管が詰まりを起こしたり、
それが元凶となって破れたりする疾病の総称となります。

いくつかのタイプに分けられますが、
一段と罹患者が多いのが脳梗塞なのです。

動脈硬化が脳卒中の原因だと言われていますが、
頸動脈エコーなどで動脈硬化を
分析してくれる脳ドックも存在します。

リスクを既に背負っている可能性が高い

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

高血圧又は肥満など、よく聞く「生活習慣病」は、
20代からせっせと気を遣っていても、残念では
ありますが加齢が原因で発症してしまう事例も多々あります。

高血圧ですよと言われようとも、
自覚症状があると答える方は多くありません。

ですが、高血圧状態がキープされてしまうと、
その影響をもろに受ける血管や臓器、脳は、
数多くの合併症が生じます。

動脈硬化が起こり脳の血管も、もろく硬くなるのです。

このような状態になると虚血性の脳梗塞、
出血性の脳溢血、くも膜下出血になるのです。

本当に高血圧などありませんか?

あればリスクですから今すぐ脳ドックへ

痛みのない糖尿病!でも脳卒中のリスク!

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

糖尿病と言いますと、インスリン生成が期待できない
「1型糖尿病」もあるのです。

こっちの方は自己免疫疾患だと分類されており、
遺伝的要素が相当の確率で影響を与えているわけです。

生活習慣病は、肥満あるいは糖尿病などとして知られ、
ちょっと前までは成人病と呼んでいました。

カロリーの摂り過ぎ、飲酒など、何と
言っても普通の生活状況が大いに影響します。

糖尿病は動脈硬化を進行させてしまいます。

そう脳卒中のリスクを高めるのです。

運動不足も脳卒中へのゴールが近い!!

eb26fdf3a8f376077a9193d8829c6dcd_s

運動するチャンスもほとんどなく、酒が好きでたまらず、
コレステロールの多い食品類が止められない人がいます。

糖分を多量に含んでいる高カロリーな食事を摂取する
ことが多い方は、脂質異常症に見舞われると教えられました。

脳の病気におきまして、動脈硬化が元凶となって発症
する脳卒中は、段々と増加しており、その内の1つの
脳梗塞は、約70%を占める言われています。

運動不足では相対的にカロリー方になるケースがあり、
そのため脳卒中の危険因子の動脈硬化などが進むのです。

運動不足ならいち早く脳ドックへ行くのをお勧めいたします。

脳ドックをお探しの方はコチラ↓
全国各地

コメントを残す