食事や運動の注意は脳卒中にならない保証ではない!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

脳の病気に陥ると、手足のしびれや、バットで殴られた
ような、我慢できないくらいのひどい頭痛などの症状が、
同時に見受けられることが多いようです。

ご存知の方も多いと思いますが、順に脳梗塞、
くも膜下出血の可能性が高いです。

もしやということで心配になった方は、
専門医で診察を受ける方が賢明でしょうね。

しかし脳卒中は発症よりも予防が大切なのは
絶対に言い切れることなのです。

関係ないと思っている方も多いかもしれませんが
生活習慣病などお持ちではありませんか?

生活習慣においては気を付けていても不安?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

生活習慣病は、糖尿病または肥満などとして認知され、
以前は成人病と言われておりました。

過食、アルコールの摂り過ぎなど、なにしろ通常の
生活環境が影響しているということがわかっています。

肥満もしくは高血圧など、誰もが聞いたことのある
「生活習慣病」は、二十歳過ぎてから精一杯に気に
掛けていても、残念にも加齢が元となって
発症してしまう事例だって稀ではないそうです。

生活習慣は誰もが可能性がある、でも気を付けていた
からといって脳卒中にならないわけではないのです。

脳卒中、くも膜下出血!肥満や糖尿も関係!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

動脈硬化は肥満も糖尿も関与しているのです。

糖尿病が心配ならば、ライフサイクルの
中での予防を検討しなければいけません。

その予防をしっかりするために、食事を日本の伝統食
などの健康的な食事に変えるようにしたり、少し汗が
でるような運動をしてストレスを発散するように
頑張ることが脳卒中や、脳梗塞などの予防にもつながるのです。

からだを動かす習慣もなく、暴飲暴食がしょっちゅうで、
コレステロールの多い料理が好きで好きでたまらない人、
脂肪分の多い高カロリーな料理を中心に食べる方は、
脂質異常症にかかってしまいます。

これもまた脳溢血などの病気を引き起こす
原因になりますので見直す必要があります。

脳卒中は生活習慣さえ注意ではダメ!?

77b7be385276280d99a7c71446f55e34_s

生活習慣病は、高血圧であるとか肥満などが典型で、
以前までは成人病と呼ぶことが多かったようです。

食べ過ぎ、アルコールの度を越した摂取など、
何がどうあれ通常の生活環境が結構影響を及ぼします。

糖尿病だと指摘できる数値にはないが、正常値の範囲を
逸脱している血糖値にあることを境界型と呼びます。

境界型は糖尿病ではないとされますが、将来的に糖尿病
だと申し渡されることが想像できる状況なのです。

境界型でも将来にわたる大病は否定できず、またこれらの
病気になっていなくても脳卒中の油断はできないのです。

脳卒中はなったら大変!予防は簡単!!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳卒中を引き起こした時は、
治療直後のリハビリが不可欠です。

どちらにしても早い段階でリハビリに取り掛かる
ことが、脳卒中に陥った後の回復に大きく作用します。

リハビリは大変、苦痛を伴うものなのです。

あなたが今大丈夫だと思っていても
何時脳卒中になるかはわかりません。

つまり、脳梗塞や脳出血は予防が第一なのです。

リハビリになってしまえば
家族の介助だって必要としてきます。

そうならないように脳ドックで予防に努めたい方はコチラ↓
全国各地