脳の病気は気になる!脳ドックの必要最低条件は!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

わずかな時間の検査で、突然死亡したり、
救命できても後遺症に苦しむのができるのなら
脳ドックを避ける方がおかしいのです。

とにかく、未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞などの
あなたが自覚できない病態を脳ドックで
見るけるしか、この脳卒中の予防はできないのです。

しかし、CT、頸動脈エコー、MRIなど医療機器は
たくさんの種類があり、脳ドックを行っている
医療機関でも様々な組み合わせがあります。

しかし、ここで省くことができないのはMRIです。

MRIはMRAを兼ねており、この機械が無いと
脳血管の異常が分かりにくいのです。

MRIはわずか数十分で検査を終えれます

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳ドックではMRI以外の検査が組み合わされている
こともありその場合はもっと時間がかかりますが、
このMRIの検査時間は20分程度だと考えてください。

こんなわずかな時間で、恐ろしい脳卒中の原因
となる、未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞
などの脳の異常を発見できるのならもう脳ドックを
受けるしかないと考えた方が良いでしょう。

このわずか20分ですら嫌だという
方もいるかもしれません・・・

しかし、命がかかっているのに
その時間がそんなに惜しいのですか?

発症後に救命できたとしても身体障害などの後遺障害で
その後、長く苦しむ残る可能性が高いのです。

運動、食事気を使っていても脳卒中のリスク!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

運動、食事に気を使ってもリスクを下げるだけで、
脳卒中の原因となる未破裂脳動脈瘤や、無症候性
脳梗塞が脳の中にできないという訳ではないのです。

「運動はしっかりしています。」

「食事も脂っこいものを控えています。」

「健康管理に気を使っています。」

このように言われる方はだから脳卒中にはならないと
考えているのですが、確かにリスクは下げるものの
完全に予防できるわけではないのです。

脳ドックを受けて頭の病気を今すぐ確認したい方はこちら↓
全国各地

1件のコメント

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す