無症状であるのと健康であるのは全く違う!!

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

ラクナ梗塞は無症候性脳梗塞である事が多い!

脳の細い動脈が詰まる病態をラクナ梗塞と呼びます。

太い動脈ではないので詰まっても小さな閉塞で
無症候性脳梗塞である事が多いのが特徴です。

細い脳動脈が詰まる原因として動脈硬化で血行が
悪くなったり血栓が詰まるなどのあげられます。

脳梗塞のうち全体の30%を
このラクナ梗塞が占めているのです。

ラクナ梗塞の場合、多くは梗塞の部位が小さかったり、
徐々に症状があらわれていくというのが特徴になります。

あなたもこのラクナ梗塞がすでに頭の中にある可能性は
否定できないので脳ドックをお勧めしたいと思います。

症状がなくても脳ドックで脳を検査しよう

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

ラクナ梗塞は無症状のうちに検査をするべきなのです!

「大丈夫!症状はないから」これ間違いです。

このラクナ梗塞は先ほどもお話ししたように
多いにして無症候性脳梗塞だったりするのです。

もし画像検査などで無症候性脳梗塞が発見されれば、
その後の薬物治療、運動療法、食事療法などで、本格的に
重篤な脳梗塞を発症しないように予防するのです。

つまり、症状のないうちに小さな梗塞部位を見つけ、
大きく本格的な発症にならないように
努めるというのが重要な流れになってきます。

症状が出たら病院へ行くでは困る!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

もしあなたの頭の中に無症候性脳梗塞があったとします。

しかし、症状が出たからって病院に行けばいいんでしょ!?
などと軽く考えている方もいます。

もちろん、ろれつが回らないなど脳梗塞が
疑われる場合には速やかに医療機関で治療してください。

しかし、ハッキリ言って脳梗塞の発症を甘く見すぎです。

一旦脳梗塞が発症してしまえば命を落とす危険もあり、
加えて片麻痺や高次脳機能障害における
リハビリなどで一生苦労しなければならない可能性があります。

脳梗塞を発症した方よりそのリハビリは
とてもしんどいものだと聞いております。

脳梗塞は無症状のうちに発見!発症予防!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳梗塞は無症状の時に発見して
おくことが最も重要なのです。

普段、症状がないから自分は健康だと
思っている方は多いのではないでしょうか?

確かに風邪の場合は予防で病院に
行くことはないかもしれません。

同じように考えて、脳梗塞は症状をおぼえてから
病院に行ったら遅れの可能性があるのです。

死ぬかもしれない、生涯にわたるリハビリで苦労するかも
しれないなどという事は事前に認識しておくべきです。

特にこのような無症候性脳梗塞をいかに起こさない
ようにするのかで脳梗塞の発症の予防に役に立つのです。

脳ドックで脳の中身を調べてみたくなった方はこちら↓全国各地

食事や運動の注意は脳卒中にならない保証ではない!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

脳の病気に陥ると、手足のしびれや、バットで殴られた
ような、我慢できないくらいのひどい頭痛などの症状が、
同時に見受けられることが多いようです。

ご存知の方も多いと思いますが、順に脳梗塞、
くも膜下出血の可能性が高いです。

もしやということで心配になった方は、
専門医で診察を受ける方が賢明でしょうね。

しかし脳卒中は発症よりも予防が大切なのは
絶対に言い切れることなのです。

関係ないと思っている方も多いかもしれませんが
生活習慣病などお持ちではありませんか?

生活習慣においては気を付けていても不安?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

生活習慣病は、糖尿病または肥満などとして認知され、
以前は成人病と言われておりました。

過食、アルコールの摂り過ぎなど、なにしろ通常の
生活環境が影響しているということがわかっています。

肥満もしくは高血圧など、誰もが聞いたことのある
「生活習慣病」は、二十歳過ぎてから精一杯に気に
掛けていても、残念にも加齢が元となって
発症してしまう事例だって稀ではないそうです。

生活習慣は誰もが可能性がある、でも気を付けていた
からといって脳卒中にならないわけではないのです。

脳卒中、くも膜下出血!肥満や糖尿も関係!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

動脈硬化は肥満も糖尿も関与しているのです。

糖尿病が心配ならば、ライフサイクルの
中での予防を検討しなければいけません。

その予防をしっかりするために、食事を日本の伝統食
などの健康的な食事に変えるようにしたり、少し汗が
でるような運動をしてストレスを発散するように
頑張ることが脳卒中や、脳梗塞などの予防にもつながるのです。

からだを動かす習慣もなく、暴飲暴食がしょっちゅうで、
コレステロールの多い料理が好きで好きでたまらない人、
脂肪分の多い高カロリーな料理を中心に食べる方は、
脂質異常症にかかってしまいます。

これもまた脳溢血などの病気を引き起こす
原因になりますので見直す必要があります。

脳卒中は生活習慣さえ注意ではダメ!?

77b7be385276280d99a7c71446f55e34_s

生活習慣病は、高血圧であるとか肥満などが典型で、
以前までは成人病と呼ぶことが多かったようです。

食べ過ぎ、アルコールの度を越した摂取など、
何がどうあれ通常の生活環境が結構影響を及ぼします。

糖尿病だと指摘できる数値にはないが、正常値の範囲を
逸脱している血糖値にあることを境界型と呼びます。

境界型は糖尿病ではないとされますが、将来的に糖尿病
だと申し渡されることが想像できる状況なのです。

境界型でも将来にわたる大病は否定できず、またこれらの
病気になっていなくても脳卒中の油断はできないのです。

脳卒中はなったら大変!予防は簡単!!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳卒中を引き起こした時は、
治療直後のリハビリが不可欠です。

どちらにしても早い段階でリハビリに取り掛かる
ことが、脳卒中に陥った後の回復に大きく作用します。

リハビリは大変、苦痛を伴うものなのです。

あなたが今大丈夫だと思っていても
何時脳卒中になるかはわかりません。

つまり、脳梗塞や脳出血は予防が第一なのです。

リハビリになってしまえば
家族の介助だって必要としてきます。

そうならないように脳ドックで予防に努めたい方はコチラ↓
全国各地

もはや誰しもが起こりうる脳卒中!

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

もはや誰しもが起こりうる脳卒中!

わずか数分の予約と2時間程度の検査で、
脳の健康状態を把握しようとは思いませんか?

脳卒中とは、脳に存在する血管が詰まりを起こしたり、
それが元凶となって破れたりする疾病の総称となります。

いくつかのタイプに分けられますが、
一段と罹患者が多いのが脳梗塞なのです。

動脈硬化が脳卒中の原因だと言われていますが、
頸動脈エコーなどで動脈硬化を
分析してくれる脳ドックも存在します。

リスクを既に背負っている可能性が高い

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

高血圧又は肥満など、よく聞く「生活習慣病」は、
20代からせっせと気を遣っていても、残念では
ありますが加齢が原因で発症してしまう事例も多々あります。

高血圧ですよと言われようとも、
自覚症状があると答える方は多くありません。

ですが、高血圧状態がキープされてしまうと、
その影響をもろに受ける血管や臓器、脳は、
数多くの合併症が生じます。

動脈硬化が起こり脳の血管も、もろく硬くなるのです。

このような状態になると虚血性の脳梗塞、
出血性の脳溢血、くも膜下出血になるのです。

本当に高血圧などありませんか?

あればリスクですから今すぐ脳ドックへ

痛みのない糖尿病!でも脳卒中のリスク!

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

糖尿病と言いますと、インスリン生成が期待できない
「1型糖尿病」もあるのです。

こっちの方は自己免疫疾患だと分類されており、
遺伝的要素が相当の確率で影響を与えているわけです。

生活習慣病は、肥満あるいは糖尿病などとして知られ、
ちょっと前までは成人病と呼んでいました。

カロリーの摂り過ぎ、飲酒など、何と
言っても普通の生活状況が大いに影響します。

糖尿病は動脈硬化を進行させてしまいます。

そう脳卒中のリスクを高めるのです。

運動不足も脳卒中へのゴールが近い!!

eb26fdf3a8f376077a9193d8829c6dcd_s

運動するチャンスもほとんどなく、酒が好きでたまらず、
コレステロールの多い食品類が止められない人がいます。

糖分を多量に含んでいる高カロリーな食事を摂取する
ことが多い方は、脂質異常症に見舞われると教えられました。

脳の病気におきまして、動脈硬化が元凶となって発症
する脳卒中は、段々と増加しており、その内の1つの
脳梗塞は、約70%を占める言われています。

運動不足では相対的にカロリー方になるケースがあり、
そのため脳卒中の危険因子の動脈硬化などが進むのです。

運動不足ならいち早く脳ドックへ行くのをお勧めいたします。

脳ドックをお探しの方はコチラ↓
全国各地

一度は受けてみたい!脳ドックMRIの検査!

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

脳梗塞は再発しやすい病気であるため、
予防が必要になってくるのが基本です。

この予防は一度発症した方に対しては当然必要な
ことですが、まだ一度も脳卒中を
発症したことのない方にも言えることなのです。

当然、前兆のあるなしなど関係なく今、
健康な状態の時に行くべきなのです。

平均時間が2時間程度、平均の料金が4万円程度の
脳ドックをうっとおしいと思うことはないのです。

脳検査(数十分のMRIの画像検査)を受けることにより
虚血性の脳梗塞や脳内出血のリスクを脳血管障害の
有無などで評価するのが基本なのです。

一度は行きたい!開放感たっぷりのオープンMRI

pl-2014291655789

閉所恐怖症の方はトラウマがあるのではありませんか?

狭い所にはいりパニック症になった
経験を持つ方も多いはずです。

MRIを避けていると脳卒中だけでなく脳腫瘍や認知症の
原因となる脳萎縮なども検査できないのです。

MRIは見ての通り狭い所に入りますが、
このトンネル型のMRIではなくオープン型の
MRIというものが存在します。

もしかしたら血栓が入り込み脳梗塞を起こしたり、
未破裂脳動脈瘤がありくも膜下出血や脳出血を
起こす手前なのかもしれないのですよ。

オープンMRIで快適に脳ドックを受けましょう。

脳溢血、脳梗塞、くも膜下出血はMRIが頼り!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s
コントラストでCTとMRIの違いがあり、
MRIが優れているためにMRIが
用いられることが多いのです。

MRIは値段が高いですが、発症して
入院したり後遺症の治療にかかる
金額に比べればはるかに安いはずなのです。

高いと思われれば安い費用の
脳ドックを見つければよいのです。

2万円くらいの値段の脳ドックも存在します。

あなたも一度は脳ドックを受けて
未来に向けて安心を得てみてください。

割合も多く後遺症にも悩まされる脳梗塞

64848fba98ea48f4ea562736fd34812f_s

脳卒中の中では脳梗塞の割合は多いのです。

70%を占めているとも言われています。

心疾患で死亡する人数も多いのですが、
その中でも心筋梗塞は多いと聞きます。

脳梗塞でも心筋梗塞でも虚血が原因で起こりますが、
この虚血に関しては動脈硬化が原因だと言われています。

めまい等の症状が脳梗塞で現れると言います。

しかし、症状や前兆が出てから脳ドックではなくて
日頃の調子が良い時から脳ドックへ行くべきなのです。

実際に症状が出てから病院に行くつもりなら、その後の
後遺症に悩まされる可能性は高いのです。