脳ドックは必要!脳の病気を回避できる唯一の方法!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s
たったの40分程度のMRIでの検査、採血などの

検査、医師などの問診も含めてわずか数時間の
脳ドックでの検査で脳の病気が回避できるのです。

脳の病気は何が思い当りますか?

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、
脳腫瘍などの病気が該当します。

このうちの最初の3つが脳卒中の
範囲と言われています。

脳卒中は急性期を迎えると死んでしまう
こともあり、現在の日本では死因の第四位なのです。

唯一の予防法は脳ドックしかないのです。

治療で良くする前に脳卒中予防を考えなければいけません

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

普段、病院に行かない方は風邪をひいたときに
行くくらいで、何か調子が悪くなったと感じなければ
病院に行く人はあまりいないのではないのでしょうか?

脳卒中をそのように考えてしまっては
手遅れになる可能性が高いのです。

脳卒中の場合、症状が出てから病院に行ったら
絶命するか救命できても後遺症が残ります。

後遺症はとても大変なのです。

なってみないと分からない方も多いと思います。

主な後遺症は麻痺ですが、
これの対処としてはリハビリになります。
麻痺に筋力が伴うととても辛い
リハビリになると言われています。

回復のリハビリだけがその後の苦労ではないのです

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳卒中になってもリハビリをすれば
いいのでしょうと考えていませんか?

あなたがリハビリに苦労するだけでは済まないのです。

家族だってあなたの麻痺に付き合って日常生活では
介護をしなければいけない可能性もあります。

それに後遺症は麻痺だけではないのです。

高次脳機能障害だって存在します。

これは記憶ができなくなる、言葉が上手く
しゃべれなくなる、物を上手く
飲み込めなくなるなどの症状が出ます。

脳卒中を予防するために脳ドックに行きたい方はこちら↓
全国各地

脳ドックの費用で悩んでいる方必見!安く受ける方法

0f05689714c835586b40eaa96c627afc_s
脳ドックは自己負担だから費用が高いからと
受けるのを迷っておられる方も多いと思います。

受けようかなと思った理由は何でしょう。

家族に脳卒中の方がおられたからですか?

高齢になってきたから一度受けておきたい、
痺れがあるや物の見え方がおかしい、
頭痛がする等いろいろな理由があると思います。

心配になるような症状があれば
受けておいて損はないと思います。

しかし、10万円近くも出せないし‥
と悩んでおられませんか?

脳ドックの価格帯ご存知ですか?

脳ドックの全国平均価格は44322円です。

099840北海道や東北、関東、中部北陸、近畿、
中国四国、九州や沖縄によっても多少前後します。

この価格を安いと考えるか高いと
考えるかは人それぞれだと思います。

しかし、最低でも4万円を払わないと
いけないと思っておられませんか?

一度、各施設のメニューを見てみてください。

検査内容によって1万円台から脳ドックを行っている施設もあります。

1万円台で脳ドックを探している方はこちら↓

脳ドックは自治体の補助もあるのです!

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s
あなたがお住まいの自治体の
ホームページをよくご覧になってください。

脳ドックを受ける時に支払った金額に
対して補助金が出る自治体があります。

自治体によって補助額は異なりますが、
平均して2万円程度となっています。

自治体から補助金が出るかどうか、条件はどのようなものか
一度確認してみる価値はあると思います。

早くに脳ドックを受けて、脳の健康状態を知り
これからの人生をさらに豊かにしませんか?

家族に脳卒中の方がおられる、高血圧、脂質異常、
肥満、糖尿病、喫煙、多量の飲酒等の脳卒中の
リスクのある方は脳ドックの受診をおすすめします。

やはり脳卒中を予防するには受けるしかない脳ドック!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳卒中になったことによる入院や治療費用、
後遺症になった時にかかるリハビリの費用を
考えた時に、1万円程度の検査で未然に
将来の脳卒中を防げるとしたらどうでしょうか?

この価格を安いと考えますか?

高いと考えますか?

脳卒中の入院費用、リハビリの費用などは
1万円程度では済まないのではないでしょうか?

また、入院中にあなたの収入が
無い可能性だってあるのですよ!

費用の価格だけが問題ではないですが
脳ドックを受けたい方はこちら↓
全国各地

脳の病気は気になる!脳ドックの必要最低条件は!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

わずかな時間の検査で、突然死亡したり、
救命できても後遺症に苦しむのができるのなら
脳ドックを避ける方がおかしいのです。

とにかく、未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞などの
あなたが自覚できない病態を脳ドックで
見るけるしか、この脳卒中の予防はできないのです。

しかし、CT、頸動脈エコー、MRIなど医療機器は
たくさんの種類があり、脳ドックを行っている
医療機関でも様々な組み合わせがあります。

しかし、ここで省くことができないのはMRIです。

MRIはMRAを兼ねており、この機械が無いと
脳血管の異常が分かりにくいのです。

MRIはわずか数十分で検査を終えれます

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳ドックではMRI以外の検査が組み合わされている
こともありその場合はもっと時間がかかりますが、
このMRIの検査時間は20分程度だと考えてください。

こんなわずかな時間で、恐ろしい脳卒中の原因
となる、未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞
などの脳の異常を発見できるのならもう脳ドックを
受けるしかないと考えた方が良いでしょう。

このわずか20分ですら嫌だという
方もいるかもしれません・・・

しかし、命がかかっているのに
その時間がそんなに惜しいのですか?

発症後に救命できたとしても身体障害などの後遺障害で
その後、長く苦しむ残る可能性が高いのです。

運動、食事気を使っていても脳卒中のリスク!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

運動、食事に気を使ってもリスクを下げるだけで、
脳卒中の原因となる未破裂脳動脈瘤や、無症候性
脳梗塞が脳の中にできないという訳ではないのです。

「運動はしっかりしています。」

「食事も脂っこいものを控えています。」

「健康管理に気を使っています。」

このように言われる方はだから脳卒中にはならないと
考えているのですが、確かにリスクは下げるものの
完全に予防できるわけではないのです。

脳ドックを受けて頭の病気を今すぐ確認したい方はこちら↓
全国各地

30代の脳卒中!子連れOK施設の脳ドック

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

年齢によって死因順位は異なりますが、
日本人死亡原因第4位は脳卒中です。

脳卒中は中高年以降に発症する
イメージが強いと思います。

しかし、近年ストレスが増大した社会、食生活の
変化や運動等様々な要因はありますが
30代や40代での脳卒中発症例もあります。

30代や40代は男性では働き盛り、働いている
女性でも多くの重要な仕事をまかされる年代です。

また、ママになっている女性は子育てに
追われる日々を送っている年代です。

このような年代で脳卒中に
なることを考えたことはありますか?

一命を取り留めたとしても
多くの場合重い後遺症が残ります。

脳卒中の後遺症って何?

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

脳卒中の後遺症には、障害を受けた
脳の部分で異なってきます。

代表的なものとして、片麻痺があります。

軽度の場合は、麻痺が回復したり、リハビリによって
機能的には問題のない程度に回復する場合もあります。

しかし、重度の場合になると寝たきりや杖や
歩行器、車椅子が必要な生活になります。

このような状態になると、仕事や子どもの育児は
なかなか難しくなり、介護が必要になってしまいます。

そのほかにも、物を飲み込みにくくなったり、話せ
なくなる、言葉の理解が出来なくなる、人格が
変化したり、場所や名前がわからない、物が
覚えられない等といった様々な後遺症があります。

後遺症を避けるためにはその原因となる
脳卒中を脳ドックで予防するしかありません。

ママでも脳ドックに行くしかない!

dab349bd2da8ab89dbe47313eeda452e_s
ママでも受けられます!脳ドック

近年、美容室やエステ等も子連れ
OKの施設が増えてきました。

脳ドックも子連れOKで受けられる施設があります。

子育て仕事に大忙しの今だからこそ
絶対に倒れられませんよね。

ご家族に脳卒中の方がおられたり、高血圧、脂質異常、
喫煙、糖尿病等を指摘されたことはありませんか?

これらは脳卒中のリスク要因です。

脳ドックでは外からわからない
脳の状態を調べることができます。

自分のため、夫のため、子どものためにも
脳ドックを受けて将来の脳卒中を防ぎませんか?
全国各地

脳卒中は運命のせいではなく脳ドックを受けなかったせい!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

わずか数十分のMRIの検査で、わずか数時間の
トータルの検査で脳卒中が防げるのなら、なぜ
あなたは脳ドックを受けようとしないのですか!?

「どうして死んでしまったのか!?」

「なんでこんなに後遺症で
悩まなければいけないのか!?」

脳卒中は運命ではないのです。

確実に防げる病気なのです。

脳卒中の原因となる未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞を
脳ドックで予め見つけることが最大の予防となる
ことをあなたは覚えておかなければいけません。

コレステロールや高血圧等管理してもダメ!?

b00f3571c53971bea33ab03053f0a372_s

脳卒中の原因となるものを管理できていても
それはリスクが下がるということだけなのです。

血圧、血糖値、コレステロール値が低いから
といって脳卒中を起こさないとは限らないのです。

もちろん危険因子ではありますから脳梗塞を起こした
ことのある人だけでなく、起こしたことのない
人でも日頃から十分注意しておく必要はあります。

しかしながら、先ほども申しあげました通り、
無症候性脳梗塞、未破裂脳動脈瘤を見つけるのが脳梗塞、
脳出血などを防止するのに最も大事なことなのです。

それを検査できる機械は脳ドックによるMRIだけなのです。

また、脳卒中だけでなく脳腫瘍などの病気も
見つかることがあるので脳ドックで早期発見に
努めることはとても重要なことなのです。

脳ドックはどこに行ったら受けられるのか?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

たいていの基本的な健康診断であるなら、
どこの病院でも受けられそうな感じがあります。

しかし、脳ドックとなればそれなりに
脳の病気に詳しい医師がいないといけません。

脳神経科、脳外科などの病院を探せばよいでしょう。

さらには脳ドックを受けるにあたっては
MRIを置いていることが必須となります。

よくMRAなどの検査をしますという脳ドックを
見かけますが、普通はMRIを置いていれば
MRAも受けることができるので心配ありません。

あなたのお住まいの近くの脳ドックを
受けられる医療機関をお探しならこちら↓
全国各地